福袋を開封するときのドキドキ感わかりますか?

【福袋を開封するときのドキドキ感がたまらない】何がドキドキするかと言えばお正月に購入した福袋を開けるときのあの期待によるドキドキ感で、あのときのスリルだけなんとも言えません。
それに加えて年明けの占いの意味もありますから、一層気持ちが高まるのです。
はたして何が入っているのだろうか、早くあけてみたい、でも少し怖い気がする。
当たりだったらいいのだけど、もしハズレだとどうしよう。
そんな期待と不安が交錯する中で人々は購入した福袋を開封するのです。
開けた瞬間「やった!」という喜びの歓声にになるか、「アーア」という溜息になるかは運次第です。
でも物は考えようです。
ここでもしハズレになったとしても、それだけ運を後に持ち越すだけなのです。
ですから当たるが出るまで何個も福袋を買い続けることだけは止した方ががいいのではないでしょうか
【福袋ヤバ子】私の失敗談