住宅ローン借り換え費用と審査基準のポイントは?

住宅ローンは金利水準が下がっている今こそが、借り換えるチャンスです。
とは言え、金利が下がっているということは、住宅ローンを新規で契約できなければ借り換えができませんから、最初から借入審査を受けて合格する必要があります。
借り入れ審査には借り主の収入や信用情報の審査もありますが、担保となる不動産物件も対象となります。
現在は、長年続く不動産価格の下落により、最初に住宅ローンを組んだときより担保となる資産価値が下がっていると思われますので、審査基準は厳しくなっていることが予想されます。
又、住宅ローン借入の基準は借入額の80%と言われています。
残り20%と借り換え費用は自己資金として準備しておくことが基本ですから、それが工面できないと一層審査基準が厳しくなることと思われます。
住宅ローン審査基準甘いところは?審査通りやすい!【勤続年数と年収】