nifty(nify)とネット事業って?

nifty(nify)は、現在@nifty(nify)としてインターネットサービスプロバイダ事業を主力事業としているが、その母体は「ニフティサーブ」というパソコン通信サービスを行っていた会社である。
インターネット普及前に活発だった数社によるパソコン通信サービスのなかで、「ニフティサーブ」は国内最大規模のパソコン通信サービスにまで成長し、多くの「フォーラム」というテーマ別に分けられたコミュニティが立ち上がり、さまざまな情報交換がなされる場となっていった。
しかし、その後のインターネットの普及に伴い、徐々にその役割はインターネットに引き継がれていくこととなる。
ネット事業の舞台が、パソコン通信サービスからインターネットへと移るなか、国内最後のパソコン通信サービスとしてあり続けた「ニフティサーブ」も2006年3月31日にそのサービスを終えた。
そういった時代の変遷とともに歩んできた会社であると同時に、パソコン通信サービス時代に培われたいろいろな人の想いを受け継いでいる会社である。
http://www.provider-ryoukin-hikaku-ranking.com/