ANAカードを比較してみました!

例えば、ANAカードの中でも、ANAJCBカードとANAアメリカン・エキスプレスカードは、メインカードとして人気が高い傾向にあります。
一方、ANAアメリカン・エキスプレスカードは、年会費の面ではお高くなる半面、空港ラウンジが利用出来たり、空港関連のサービスでも優遇されたりと数々のメリットがあります。
一方、普段から飛行機を良く利用するという方であれば、ANAカードの中でもJCBワイドカードやゴールドカードなどもおススメです。
ワイドカードは、年会費が少々お高くなりますが、通常のANAカードと比べて継続マイルが1000マイルも多くなりますし、区間マイレージも通常カードでは10%の加算に対し、25%へと跳ね上がります。
年会費としては、本人は14700円、家族は4200円となりますが、お高い分だけ各種サービスは充実しております。
また、ゴールドカードではマイルの移行手数料が共通して無料になりますし、もちろん空港ラウンジも利用できますから、メリットとしては十分に満足できます。